こんな写真×詠んでみた

2013年7月突如出会った新しい芸術表現。 写真と俳句をコラボさせた 「フォト×俳句」 どちらも全くゼロからのスタートです。 作品作成のプロセスや結果を徒然なるままに・・・

カテゴリ: > アオサギ

かけひきをきらうおとこやあきぐもり
いつもの公園のいつもの時間に一羽だけいるアオサギ。
つまり同じ個体だと思われる。
アオサギが10羽くらい並ばれて、それぞれ個別に識別しろと言われても絶対無理だよね。
人間はそういう意味ではそれぞれが個性的って事なんだろうね。

アオサギ (1 - 1)

このアオサギってどうして独りでここにいるんだろう?
たしかアオサギはコロニーを持っていたような・・・
「はぐれアオサギ」って感じかな。
アウトローっぽい。

「ウン」と言えなくて、その場所に居れなくなったとか。
色々考えてしまう。

アオサギ (1 - 1)-3

出来れば駆け引きなんかしたくないよね~
と、思う今日この頃であった(笑)



[作品写真データ]
モデル:アオサギ
カメラ:Panasonic DMC-GX8
レンズ:LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm F4-6.3 
シャッター速度:1/640
F値:9.0
ISO:1000
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング無し
Lightroom CC2015 for Mac




 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。 
  

あきすむやさかなべんとうありがたし
アオサギって多分季語では無いと思うけど。夏の季語のようです。
だいたい年中見る事が出来るしね。
チゴハヤブサの後、追っかける鳥がいなくなって寂しい限り。

アオサギ (1 - 1)
 
アオサギはいてもレンズを向けるって事はしないんだけど。
なんか朝食中だった模様で。
慌ててシャッターを押した(笑)
後で気がつけば露出補正が完全におかしかったりして。

アオサギ (1 - 1)-2
 
いつ見ても、アオサギって恐竜だよな~
顔付き怖いし。
食べ方はダイナミックだし。

アオサギ (1 - 1)-3
 
間違った露出で撮った写真が意外と面白い絵になったりもする(笑)
これはこれで良いんじゃね?
ここまでボケてると逆にアートな感じだよね。




お盆とか年末年始は太るんだよね~
放っておけば、あっという間に5キロくらいは増量してしまう。
そもそも中華食べ過ぎだしな・・・
そんな時に、身体に優しいのは魚料理だよね。
有り難や~
感謝の一句(笑)




[作品写真データ]
モデル:アオサギ
カメラ:Panasonic DMC-GX8
レンズ:LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm F4-6.3 
シャッター速度:1/40
F値:8.0
ISO:400
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング無し
Lightroom CC2015 for Mac




 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。
 





 



アオサギ 夏の季語

これは、自分で撮ってみたもののかなり衝撃的な絵になっていた(恐)
元々目つきが怖いにのこんなのを咥えていたら余計ホラーだな。


 
アオサギってサギの中では最大クラスのものとの説明。
特徴はとにかく動かないで、その場所にジッとしている。



だいぶ趣は違うけど、こちら ↑ も多分アオサギで合っていると思われる。
サイズは大きいし、ジッとしているので近くから案外撮影可能。
飛翔シーンもゆっくりだから、カメラの練習にはなる。



考えてみると、アオサギってそこかしこで見かけるような(笑)
つまり行動範囲が広いのと堂々としているって事かな?


 
アオサギはそういう理由で最初の頃は喜んで撮影してたんだけどね。
あまりに頻繁に遭遇するとありがたみが無くなるというか。
それほど、可愛いって感じでも無いし。



ここにアップしたから、今後はそれほど狙う事もないかもね。
飛んで行く〜




それにしても、鳥が俳句の季語になっているケースは多い。
というか、ほとんどが季語と言ってもよいくらい。

ここで問題になるのは初見の時期と季語の季節がづれているってこと。
アオサギなんて年中見れるのに夏の季語ってどうやって覚えるんだろ?
繰り返し認識するしかないんだろうな。

まぁこの作業が俳句の実力向上に繋がる事を夢見て。



 

このページのトップヘ