こんな写真×詠んでみた

2013年7月突如出会った新しい芸術表現。 写真と俳句をコラボさせた 「フォト×俳句」 どちらも全くゼロからのスタートです。 作品作成のプロセスや結果を徒然なるままに・・・

カテゴリ:初出 > 冬

まちわびたせつぶんのひのはれすがた
そう言えば、今シーズンはジョウビタキの写真をちゃんと撮ってなかったなぁ・・と。
慣れてくるとジョウビタキに関しては割と簡単に撮影可能だったりするけど。
今回の1枚は自慢のショット ↑ で飛びだし。

02 ジョウビタキ (1 - 1)-2

雪バックでこういう ↑ 写真も風情があって良いかと。
何はともあれ背景が雪になると、絵が美しくなる(笑)
ゴチャゴチャしたものを隠してくれる機能は素晴らしい。

02 ジョウビタキ (1 - 1)-3

フルサイズのカメラだと被写界深度が浅いから背景はかなりボケて整理されるけど。
マイクロフォーサーズだと雪とかで隠して貰うのが一番綺麗かと(笑)
光もピーカンよりはチョットだけ雲があった方が色が出る。
そういう意味ではこの日は最高のコンディションだった。


[作品写真データ]
モデル: ジョウビタキ
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II 
レンズ: M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
シャッター速度:1/2000
F値:4.0
露出補正:+3/10
ISO:1000
WB:オート
露出プログラム:シャッター優先
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac


*プロキャプチャーという機能を使っての飛びだし写真。
シャッター優先にして1/2000で止める。
ISOが1000まで上がってしまったけど、まぁまぁ上出来かと。


にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。

みえをきるそのしゅんかんにふゆおわる
激しく動き回るエナガを必死で連写していると。
時々、こんな ↑ 感じの絵が手に入る。
これはOLYMPUSのプロキャプチャーという機能を使っての撮影。
エナガの撮影に向いているとも思えないけど、たまたまうまく行ったって感じ。

01 エナガ (1 - 1)-3

天使の羽 ↑ だな・・・綺麗だこと。
エナガを写すのに秘策は特に無く。
ひたすら連写すること(笑)
あとは、1羽に決めて絞ることかな。
目移りし始めると、1羽も撮れずに終わる。

01 エナガ (1 - 1)

背景は気にするようになってきたのと。
目の高さで撮れるようなシチュエーションを作ること。
見上げているよりは、可能な限り目線が望ましいかと。

さてさて・・・マジで春は近いぞ。



[作品写真データ]
モデル: エナガ
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II 
レンズ: M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
シャッター速度:1/3200
F値:4.0
露出補正:ゼロ
ISO:1000
WB:オート
露出プログラム:シャッター優先
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac


にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。

とりのめのひかりのつよさはるちかし
天気予報よりも、肌感覚で何となくだけど春を感じ始めている。
視覚、聴覚、体感覚の全てを使いながら・・・
使っているという意識も無いけど春を感じる。
ような気がする(笑)

01 ヒレンジャク (1 - 1)-4

ヒレンジャクの頭って独特だけど、頭の形というより髪型なんだなと(笑)
人間みたいに伸びてきて美容院に行くなんてことも無いんだろうなぁ・・
動物は全てが自然の中で完結している。

01 ヒレンジャク (1 - 1)-5

ずっと、ヒレンジャクのイメージはポケモンのキャラだった。
この時の寒さで膨らんだ姿を見て、随分とイメージが変わった。
なかなか可愛いじゃん。




[作品写真データ]
モデル: ヒレンジャク
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II 
レンズ: M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO+M.ZUIKO DIGITAL 1.4x Teleconverter MC-14
シャッター速度:1/1250
F値:5.6
露出補正:ゼロ
ISO:200
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac


にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。


とけきれぬあめちゃんひとついちがつじん
もう一月も終わりかぁ・・・
恐ろしい速度で時間が進んでいるような。
ルリビタキも最初の頃に比べたら撮りやすくなった。
季節が進んでいる証拠?

31 ルリビタキ (1 - 1)-2

どんどん至近距離での撮影が進む(笑)
去年までとはフィールドが違うので背景の感じもだいぶ違って。
これはこれでラッキーだったのかな。
光があって距離が近いとさすがに解像してくれる。
この ↑ 写真っくらいに毎度解像してくれたら言う事無いんだけどねぇ。

31 ルリビタキ (1 - 1)-3


被写体との関係性が出来て来た?ので(笑)
ポートレート風に縦構図で撮ってみたりして。
鳥の写真で縦構図は少ないけど。
これくらいの距離だと十分ありかな。


31 ルリビタキ (1 - 1)-4

ポージングまで要求したりして。
十分に反応してくれているルリビタキに感謝。
今日アップした写真の水準をキープしたいなぁ。
色々な条件をクリアすれば出来ない事は無い。

というわけで、明日から二月だ。


[作品写真データ]
モデル: ルリビタキ
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II 
レンズ: M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
シャッター速度:1/250
F値:4.5
露出補正:ゼロ
ISO:400
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac


にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。

いてぞらのしたによりあうしゅやくきゅう
主役級の野鳥ってなんだ?
と、問われると困るんだけど(笑)
要するに、ちょっと無理してでも観察に行きたいと思わせるような野鳥。
ヒレンジャクなんかは、まさに主役級かと。

30 ヒレンジャク (1 - 1)

これを写した時は、ヒレンジャクを見に行ったのは無くて。
他の野鳥を見に行ったわけで。
そっちがなかなか登場しないから、なんとなくウロウロと徘徊してたら。
至近距離にヒレンジャクが停まっていた。
しかも他にバーダーはいないので一対一の関係を作れた。

30 ヒレンジャク (1 - 1)-2

ヒレンジャクをこれだけ至近距離で撮れるのは初めてかな。
あんまり人を警戒しないもんだと感じたけど、果たしてどうなのやら?
そうは言っても人間が近寄れば、それだけでストレスなんだろうけどね。

30 ヒレンジャク (1 - 1)-4

この時は久しぶりにテレコン使っての撮影でした。
やっぱりピントが合う速度が若干落ちる。
というか大分落ちるような・・・
それでも、結構じっとしていてくれたので良い絵が撮れたかと。

この界隈には実は他にも主役級の野鳥がいるようでして。
まぁ結局のところ人間の数が少なければ少ないほど鳥には快適な環境んだろうな。
オールスターキャストで見れたら良いな。
という一句。


[作品写真データ]
モデル: ヒレンジャク
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II + M.ZUIKO DIGITAL 1.4x Teleconverter MC-14
レンズ: M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
シャッター速度:1/250
F値:5.6
露出補正:ゼロ
ISO:640
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac


にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。

このページのトップヘ