こんな写真×詠んでみた

2013年7月突如出会った新しい芸術表現。 写真と俳句をコラボさせた 「フォト×俳句」 どちらも全くゼロからのスタートです。 作品作成のプロセスや結果を徒然なるままに・・・

カテゴリ: > ハクセキレイ

きたかぜのなかでじゅもんをとなえけり
なかなか鳥見が進まない時はハクセキレイだな(笑)
幸いな事に必ずそこに居てくれる。
ピピッ・・・ピピッ・・・ピピッ・・ってやってくる。
それが呪文かどうかは判らないけどね。

ハクセキレイ (1 - 1)-2
 
取りあえず後を付けてみたりするわけで。
まぁストーカーみたいな感じもしないでも無いけど。
風でよろけた姿でも撮ってみようかなと企んだりして。
時々風によろける姿がなかなか可愛いんですよ。

ハクセキレイ (1 - 1)-3
 
『又あんたかよ~これ以上つきまとうと警察呼ぶぞ!』・・・・的な(笑)
だよねぇ、鳥だって付きまとわれたらそりゃ迷惑だよね。
と言いながらも小鳥をあちこに追い求めて出かける今日この頃。



[作品写真データ]
モデル:ハクセキレイ
カメラ:Panasonic DMC-GX8
レンズ:LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm F4-6.3 
シャッター速度:1/640
F値:6.3
ISO:800
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac



 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。     

ぎゃくてんのおせろげーむやながきよる
ハクセキレイの動きをカメラで追っかけるのが好きだ。
なんというか、ちょうどカメラで追える範囲の速さだったりする。
早すぎず遅すぎずって感じ。

ハクセキレイ (1 - 1)-4
 
大人なのか子供なのかよく判らないけど。
まぁとにかく、色々なところに姿を表すし案外人間ともフレンドリーのような気がする。
鳥の表情ってなかなか写すのも難しいけど。
仕草なら写す事は可能だ。

ハクセキレイ (1 - 1)-2
 
空を仰ぐハクセキレイ。
何を見ようとしているのだろう?
それとも単に首のストレッチか?

ハクセキレイ (1 - 1)-3
 
遠い目をしたハクセキレイ。
湖面の色合いと良い感じにシンクロしている。
水辺の写真ってそれだけで絵になるような。



 [作品写真データ]
モデル:ハクセキレイ
カメラ:Panasonic DMC-GX8
レンズ:LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm F4-6.3 
シャッター速度:1/640
F値:6.3
ISO:400
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac



 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。   
  

うたいたいうたをうたうやいしだたき
ハクセキレイは俳句の世界では鶺鴒の傍題として秋の季語。
そして、尾を上下に振って石や地面を叩くように見えるところから「石叩き」と呼ばれている。 
まぁ一年中どこでも見られる鳥の一つではある。
背景次第で季節感が出るものだなぁ・・・・と。

ハクセキレイ (1 - 1)-3
 
秋を表現する背景というか舞台は判りやすいと言えば判りやすい。
紅葉した落葉の中に置けば、普通の人は秋なんだなぁ・・・と思うだろうし。
で、ハクセキレイってどの舞台にでも載っかってくるから面白い。

ハクセキレイ (1 - 1)-2
 
あそこで唄ってくれたら最高だよなぁ・・・
って、こちらが思ってた場所に見事に乗っかってそして唄うハクセキレイ。
なんて愛しいんでしょ(笑)

ハクセキレイ (1 - 1)-4
 
こんなんでどう ↑ って感じでこちらを見てる(笑)
最高ですよ・・・言う事ありません。ありがとうございました。
と、こちらの思いを伝える。
出来れば飛んでいる姿もお願いしたいのですが・・・・

 ハクセキレイ (1 - 1)-5

リクエストに応えたいただいたものの・・・・
こちらの技術が伴わず・・・
ピントが・・・・ピントが・・・(泣)(泣)(泣)
貴重な昼休みが、ハクセキレイの飛翔を追っかけて終わってしまった。



[作品写真データ]
モデル:ハクセキレイ
カメラ:Panasonic DMC-GX8
レンズ:LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm F4-6.3 
シャッター速度:1/640
F値:9.0
ISO:1250
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac



 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。   

さいかいをおぜんだてするいしだたき
「石叩き」というのはセキレイの別名。
これを知っている人は俳人くらいだろうな。
で、セキレイという鳥はいない。
これを知っているのはバーダーくらいか(笑)

「ハクセキレイ」「セグロセキレイ」「キセキレイ」と3種類のセキレイがいる。

ハクセキレイ (1 - 1)-2

ハクセキレイも一年中見る事が出来る鳥で。
自分は結構好きな部類の鳥である。
尻尾を終始上げ下げする動作がとっても可愛い。
写真のハクセキレイは多分、ワカかな。
まだ黒い部分の色が出てないもよう。

ハクセキレイ (1 - 1)-3



首を傾げる仕草 ↑ も可愛いよね。
今の時期を「鳥枯れの時期」と呼ぶバーダーが多いけど。
ハクセキレイやスズメに失礼かもね(笑)



[作品写真データ]
モデル:ハクセキレイ
カメラ:Panasonic DMC-GX8
レンズ:LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm F4-6.3 
シャッター速度:1/640
F値:8.0
ISO:1000
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング無し
Lightroom CC2015 for Mac




 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。 


 

じぐざぐにふゆあおぞらをせおいけり
ハクセキレイ(白鶺鴒)は秋の季語で「石叩き」とも言う。
秋の季語とは言うものの、ハクセキレイに関してはホント年中見る事が出来る鳥。
身近な鳥で好きなものの一つだ。
動きがなんと言っても可愛い。

1メートルくらいはダッシュしてストップ&転回って感じ。
チョコマカとかジグザグとかって言葉で表現するのが丁度良いかな。

ハクセキレイ (1 - 1)-2
 
サイズ的には上の写真で池の鴨と比較出来ると思うけど。
図鑑の説明によると21㎝となっている。
基本的に小鳥はみんな可愛いや(笑)

さて、鳥の写真を使った「フォト×俳句」だけど。
俳句の季語に鳥の名前を入れるのでなくて、写真に鳥がいて季語は別のものを斡旋するのだったら。
あまり神経質にならなくても良いかと思う。
寧ろ、俳句と写真に自動的に距離が出来るから良いかも?

ハクセキレイ (1 - 1)-3

この公園のハクセキレイは多分2羽。
つがいかどうかは分からないけど。
群れではいないような。
まぁいずれにしてもチョコマカ動くので動体写真を撮るには良いトレーニングになる。
決して追って追えない速さでは無い。


[俳句自解]
ジグザグに動くのはハクセキレイ。
なので冬青空を背負っているのはハクセキレイになる。
もし写真が無かったら意味不明になるのかな?
誰が冬青空を背負うのだろう?みたいな(笑)
う~む、まだまだだな。


[作品写真データ]
撮影日時 2015/12/08
カメラ:Panasonic FZ1000
露出:1/640
絞り:
F値:4.0
ISO:125
WB:オート
露出プログラム:鳥モード
Lightroom CC2015 for Mac



 にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。

このページのトップヘ