こんな写真×詠んでみた

2013年7月突如出会った新しい芸術表現。 写真と俳句をコラボさせた 「フォト×俳句」 どちらも全くゼロからのスタートです。 作品作成のプロセスや結果を徒然なるままに・・・

カテゴリ: > ホシガラス

みじかよにおおきなこころそだてをり
大きな心かぁ・・・
何と比べて?
ってなるよな(笑)

08 ホシガラス (1 - 1)-2


それにしても、この時期は鳥の写真が撮りにくいな。
そもそも、どこに行っても葉っぱが多すぎて鳥の姿が確認できない。
鳴き声だけは、あちこちでするんだけどね~


08 ホシガラス (1 - 1)-3

さてさて、明日はどこに行こうかな。
画期的な写真が撮れる場所とか無いものかなぁ?
とりあえず、朝からウロウロするだけだな。



[作品写真データ]
モデル: ホシガラス
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ: M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
シャッター速度:1/2500
F値:4.0
ISO:200
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac



 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。

どんてんにいろすこしそえほしがらす
そうだったのかぁ・・・・
ホシガラスって夏の季語だったのかぁ。
で、まんま俳句(笑)


03 ホシガラス (1 - 1)-4

ホシガラスってカラスと違って色が少しあるんだよね。
もちろん星模様もあるんだけど。
茶色っぽい羽の色。
もう少し近くで、もう少し光のしっかりしている時に見たいけど。
仕方無い。

03 ホシガラス (1 - 1)-3

背景が曇天で、止まっている木が枯れ木じゃなぁ・・・
なんだか絵になるようなならないような。
まぁ、それでも目視出来る場所に止まってくれただけでもラッキー。
去年は全然見つけられなかったもんなぁ。
で、このホシガラスの視線の先を追うと・・・


03 ホシガラス (1 - 1)

多分これは ↑ ホシガラスの若かと。
サイズが思いっきりミニマム。
やがて三羽は合流して消えて行った。

って事は、この近所に巣があったって事かな?
来年はもう少し気にして探索して見る事にしよう。
まぁ、この場所を覚えている事が出来ればの話しだけど(笑)


[作品写真データ]
モデル: ホシガラス
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ: M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
シャッター速度:1/1000
F値:4.0
ISO:200
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac



 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。

もくてきはひとそれぞれやとざんどう
ホシガラス・・・・ライファー(嬉)
ライファーってのは初めて出会う事が出来た鳥のこと。
去年から何度ホシガラスを求めてあちこち行った事やら。
ようやくですね。

24 ホシガラス (1 - 1)

鳴き声だけ聞いていたら、ただのカラスなんだけど。
この独特の模様はなかなか美しい。
いったい、何と何が掛け合わさった鳥なんでしょ?(笑)

24 ホシガラス (1 - 1)-3

トリミング前の画像も載せておこう。
なんせ今回は12-100を使っての撮影だったりするので。
ザックの中には100-400を入れておいたんだけど。
咄嗟に交換なんて無理だと判明(笑)

24 ホシガラス (1 - 1)-4

幸いにもこのレンズは結構解像してくれるので。
トリミングしたら案外見られる写真になったりして。
とは言え、次はやっぱり300F4で撮したいものだ。
装備に関しては常に迷いながらではある。


[作品写真データ]
モデル: ホシガラス
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ: M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO
シャッター速度:1/800
F値:4.0
ISO:200
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac



 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。

このページのトップヘ