こんな写真×詠んでみた

2013年7月突如出会った新しい芸術表現。 写真と俳句をコラボさせた 「フォト×俳句」 どちらも全くゼロからのスタートです。 作品作成のプロセスや結果を徒然なるままに・・・

カテゴリ: > アマサギ

いれかわるしゅやくわきやくなつのそら
アマサギは珍しい鳥なのか?
と、図鑑を見れば、案外普通にいるらしい(笑)
サギの中に混じっていると目を惹くけどね。

2018.05.26 アマサギ (1 - 1)-5

奥はダイサギで中央のアマサギとは色合いが全然違う。
個人的にはこれが見つけられるとチョット嬉しいけど。
この時は誰もこれに注目はしていなかったな。

2018.05.26 アマサギ (1 - 1)-3

山を背景にすれば空抜けとは言われないか?(笑)
結構遠くを飛んでいるけど。
トリミングしてこんな感じ。

2018.05.26 アマサギ (1 - 1)-4

鳥も主役と脇役があるというか何というか・・・
注目度が高いものとそうでないものがいるわけで。
同じ空を飛んでいるんだけどね・・・
他にいなければ、アマサギだって主役になれるような気もするのだが(笑)



[作品写真データ]
モデル:アマサギ
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ: M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
シャッター速度:1/3200
F値:4.5
露出補正:ゼロ
ISO:200
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
リミング無し
Lightroom CC2015 for Mac




 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。

さきいそぐわけではないがあきにいる
今日(8月7日)は立秋。
俳句の世界では季語が夏から秋に変わります。
早いと言われるかも知れないけど、何となく季節的には合っている感じ。
そう考えると暦を創った人は偉いなぁ・・

06 アマサギ (1 - 1)

写真はアマサギ。
俳句の世界では春の季語。
そして、自分的には初見で初撮り=ライファー
遠くの空に妙に白い一団が飛んで行くので。
ダイサギかと思ったけど一応撮ってみてビックリ。

07 アマサギ (1 - 1)

可能な限り拡大すると ↑ こんな感じ。
なんか妙な生き物だよね~
ムーミンに出てくるヘムレンさん的な(笑)


06 アマサギ (1 - 1)-2

これを撮影した時も、周りに何人もカメラマンがいたけど。
誰もシャッターを押してなかったな。
何となくだけど、気が付かない人がとても多いような気もしているのではある(笑)


[作品写真データ]
モデル: アマサギ
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ: M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
シャッター速度:1/2500
F値:4.5
ISO:200
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac


 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。

このページのトップヘ