こんな写真×詠んでみた

2013年7月突如出会った新しい芸術表現。 写真と俳句をコラボさせた 「フォト×俳句」 どちらも全くゼロからのスタートです。 作品作成のプロセスや結果を徒然なるままに・・・

カテゴリ: > マガン

ふるさとのやまににたやまはるのやま
こういう ↑ 写真を撮るときに人工物が入らないってのが嬉しい。
電線だとか民家とか大概写り込んでしまうからねぇ。
上出来上出来(笑)

2019.02.08 マガン (1 - 1)


マガンの編隊。
先頭を行く奴はやっぱりリーダーなのだろうか?
任されて率いているのか、後ろが勝手に後を付けてくるのか?
どういう仕組みなんでしょ?

2019.02.08 マガン (1 - 1)-2

V字で飛ぶのは何か理由があるんだっけ?
昔何かで習った気もするけど忘れた。
何はともあれ、こういうのをシャッター連写しながら眺めているのは好きだな。
幸せな時間。



[作品写真データ]
モデル:マガン
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ: M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO+M.ZUIKO DIGITAL 1.4x Teleconverter MC-14
シャッター速度:1/1250
F値:6.3
露出補正:0
ISO:200
WB:オート
露出プログラム:シャッター速度優先
トリミング無し
Lightroom CC2015 for Mac


 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。

けんどうのあさのじゅうたいのこるゆき
鳥のいる風景シリーズ(笑)
マガンの姿がそんなに解像しているわけでは無いので判らないかもしれない。
・・が、なんとなく山の端を飛んで行く姿が良い感じに写せたかと。

14 マガン (1 - 1)-2

これ ↑ なんか更になんの鳥か不明(笑)
まぁそれでも何となく雰囲気はあるかと。
右に写っている白い山はどこの山だろう?

14 マガン (1 - 1)-3

こっち ↑ も気に入っている1枚。
良い感じに真っ直ぐ平行に飛ぶ隊列。
これらの写真は換算600㎜の単焦点で撮影しているけど。
多分400㎜くらいで写した方が収まりは良いのかなぁ・・と。
たまにはズームレンズを持ち出そうかなとか思ったりして。


[作品写真データ]
モデル: マガン
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II 
レンズ: M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
シャッター速度:1/4000
F値:4.5
露出補正:無し
ISO:200
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング無し
Lightroom CC2015 for Mac


にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。

つぎつぎとちゃくちささえるはるのつち
中七の「着地支へる」だけど「着地支えし」かなぁ?
「る」と「し」だと何が違うんだろう?
時間の取り扱いかな?
「る」は現在進行形で「し」は過去形?
だったら、どちらかと言えば「る」の方が適切?
などと自分の中に「?」マークが延々と飛び交う。

09 マガン (1 - 1)

「春の土」という春の季語に対して。
写真に写っているのは「マガン」これは実は秋の季語だったりして(驚)
で「ハクチョウ」は冬の季語だしねぇ・・・

09 マガン (1 - 1)-3

なにはともあれ、実景は暦の上では立春を過ぎた春だし(笑)
俳句は事実を詠むだけでも無いから。
いろいろと創作してファンタジーとして作ればそれはそれで良いし。
まして「フォト×俳句」はさらに自由で良いような気もするし。




[作品写真データ]
モデル: マガン
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II 
レンズ: M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
シャッター速度:1/2500
F値:4.5
露出補正:ゼロ
ISO:200
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング無し
Lightroom CC2015 for Mac


にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。



やまのなをひとつおぼえるかぜひかる
マガンが当地で見られるのは珍しいかと・・・
これがハクガンだったら大騒動か?(笑)
何はともあれカモが飛んでいるよりは格好良いかと思うのだが。

09 マガン (1 - 1)

こういう群れで飛んでいる写真は背景に山を入れたくなるけど。
良い塩梅の場所をなかなか飛んでくれない。
ほとんどトリミングしてないけど。
近くで撮りたいけど、近すぎるとなんだかわけ解らない絵になるし(笑)

09 マガン (1 - 1)-5

なんとなく雪山が背景ににあるなぁと解る写真 ↑ だけど。
ちょっとウルサイ感じだよなぁ。
良く見れば電線が写ってたりするし(笑)

09 マガン (1 - 1)-6

背景とのバランスだとこれくらい ↑ が丁度良いけど、みんな後ろ向きだし(笑)
これで向かってくる絵だったら最高なのになぁ・・・
まぁ思い通りにいかないから面白いんだろうけど。

09 マガン (1 - 1)-7

これなんかタイミング悪くてみんな羽が下を向いてるから。
なんだか水族館のペンギンみたいだ(笑)
これはこれで可愛いなぁ・・・



[作品写真データ]
モデル: マガン
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II 
レンズ: M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
シャッター速度:1/2500
F値:4.5
露出補正:+3/10
ISO:200
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac


にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。

ごせんしをかきてながむるかりのつら
「雁の列」と書いて「かりのつら」と読む。
無理だよね~(笑)
絶対「かりのれつ」って読むでしょ。
だからこそ「かりのつら」とすれば俳句っぽい。

28 マガン (1 - 1)

雁の列を眺めていると音譜が浮かんで来て。
これをそのまま演奏したらどんな音楽になるんだろう?
真面目にそう思ったんだけど。
こういうのは類想でありそうではあるなぁ・・・
譜面なんか読めないけど、読めたらこういうのも音として認識出来るのかな?

28 マガン (1 - 1)-3

マガンがこうして飛ぶのは何か意図があるのかな?
単なる暇つぶし?
それとも飛行練習?
単独で飛んだりペアだったり団体だったり・・・

28 マガン (1 - 1)-8

体操競技かシンクロナイズドスイミングか・・
なんかそんな感じだな。
辞書とか歳時記とか色々読めば読むほど、マガンって貴重なんだと再認識(笑)
もう一度ちゃんと撮影に行ってこようかな。


[作品写真データ]
モデル: マガン
カメラ: OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ: M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
シャッター速度:1/4000
F値:4.0
露出補正:-3/10
ISO:200
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング有り
Lightroom CC2017 for Mac


 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。

このページのトップヘ