こんな写真×詠んでみた

2013年7月突如出会った新しい芸術表現。 写真と俳句をコラボさせた 「フォト×俳句」 どちらも全くゼロからのスタートです。 作品作成のプロセスや結果を徒然なるままに・・・

カテゴリ: > アカハシハジロ

たのむからぱたぱたしてようきねどり
パタパタと周りのカモたちは羽ばたいているんですよ。
ところが、このアカハシハジロだけはそれをしない。
なんとかそれ1枚撮れたら帰るのに・・・と、皆さん口々に言う(笑)

26 アカハシハジロ (1 - 1)

まだ、ここに載せているカットは良い方です。
ちゃんと目も入っているし起きている(笑)
俳句の世界の冬の季語「浮寝鳥」とは良く付けたものです。
さすが俳人だなぁと妙に感心したいりして。
ほんと、浮いたまま寝ていて(多分)
それで、行ったり来たりしている。

26 アカハシハジロ (1 - 1)-3

そうそう、寝ているようだけど、右へ左へ移動している。
川みたいに流れがある場所では無いから本人が意図的に移動している模様。
それに振り回されるカメラマン達(笑)

26 アカハシハジロ (1 - 1)-4

こんな風に ↑ 動きがあると、周りのシャッター音が響く。
次は絶対パタパタだろう・・・とか(笑)
結局3時間以上も行ったり来たりして一度もパタパタしなかった。
ので・・その写真は無いのでR。


[作品写真データ]
モデル:アカハシハジロ
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ: M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
シャッター速度:1/800
F値:4.5
露出補正:ゼロ
ISO:200
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac

 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。

ゆったりとすごすのもありとしのうち
珍鳥のアカハシハジロ。
クチバシが、アカショウビンのように赤い。
なんか不思議な雰囲気をもつ水鳥だ。
もちろん初見初撮り。

24 アカハシハジロ (1 - 1)-2

今思えば、こうして陸に上がっている絵は貴重かも(笑)
このあと、ほとんど水に浮いたまま寝てたし。
足が見える写真はほんの数カットだけだった。
うん、貴重貴重。

24 アカハシハジロ (1 - 1)-3

こういう絵を ↑ 見ると、なんか、これから活動を開始って感じだけど。
実は眠りに行くだけってのが事実で、なんてこったなわけですよ(笑)
現地についてこれ10分位のカットなんだけど。
今思えばホント貴重な写真だ。

24 アカハシハジロ (1 - 1)-4

水鳥にたいしては、ほとんど興味が無くて。
「アカハシハジロ」って「ミミカイツブリ」と比べてどっちが貴重?
とか聞いたりして。
どうやら、相当に珍鳥らしいと判って、もう一度パタパタやっている写真を撮りに行こうかな。
とか、思ってたりして(笑)



[作品写真データ]
モデル:アカハシハジロ
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ: M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
シャッター速度:1/850
F値:5.0
露出補正:ゼロ
ISO:200
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac

 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。




このページのトップヘ