こんな写真×詠んでみた

2013年7月突如出会った新しい芸術表現。 写真と俳句をコラボさせた 「フォト×俳句」 どちらも全くゼロからのスタートです。 作品作成のプロセスや結果を徒然なるままに・・・

カテゴリ: 信毎

恋歌を早送りする野分後
信濃毎日新聞社主催 第五回「フォト×俳句」全国選手権 で、入選しました。
しかしながら、今朝の朝刊に作品が載ったのは優秀賞以上のみ。
残念だなぁ・・・
名前だけ載って、作品が載らないってのが一番残念感満載だ。
去年は、右も左も分からない状態で偶然の優秀賞だったので、ピンっと来なくて嬉しさ半分。
今年は、優秀賞以上を狙っていたので全然嬉しく無い。
なんとも、この「フォト×俳句」選手権は自分にとって複雑な大会になっている。

上位入賞者の作品を見ていると、やっぱり流石だなぁと。
まだまだ自分の未熟さをひしひしと感じる。

とらをさんが、審査員特別賞を貰っていた。
これも、さすがの作品。
「原爆忌」という季語から、この作品ってのは凄いなぁとひとしきり感心する。
とらをさんの発想はどこからやってくるのだろう??

他にも、お名前だけ存じている方々が何人もいて、ライバル心をかき立てられる。
来年こそグランプリを狙うぞ!




 にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。

旧姓を手繰り寄せるや秋の声
昨日10月2日の信濃毎日新聞朝刊に掲載されました。
3月以来2度目の優秀賞です。
選者は俳人の坊城俊樹先生。

嬉しい~
8月が佳作、9月はボツと二ヶ月間悔しい思いをしていました。
色々投稿場所はあるけど、信毎が文字通りホームであり主戦場。
ここで優秀賞を頂けるのは一番嬉しい。
しかも、その月の第一週で掲載されると一ヶ月がスッキリして次の行動がしやすい(笑)
今年はあと2回優秀賞のチャンスが残っている。
頑張るぞ!

坊城さんの句評はこちら ↓

02_R


坊城さんの句評。
このレトロのラジオは昭和のもの。
秋の深まるころ、人はみな過去の思い出に浸る。
ラジオからリクエストした旧姓が流れているのかも。
古き佳き記憶がよみがえってくる。

まさに、ビンゴ!です。
見てたんですか?坊城さん・・・・と言いたくなる。

この俳句は、何回か推敲して整えたもの。
参考までにその変遷を書いて起きましょう(笑)

①懐かしき名前飛び出す秋の声
       ↓
②旧姓を辿りながらや秋の声
       ↓
③旧姓を手繰る隙間や秋の声
       ↓
④旧姓を手繰り寄せるや秋の声

スタートは車に運転中にラジオから高校の時の友人らしき人のリクエストメールが読まれた。
って、ところからこの句は始まった。

この作品は自分で言うのもなんですが、写真と俳句の距離は良いと思う。
俳句が少々観念的な十七音になっているところを写真でブツをどんと置く。
俳句のパターンは湘子先生の「型・その二」
中七を「や」で切って下五に名詞の季語を置く。
この「型・二」は自分的には一番好きな型。

ともかく、全ボツだった暗黒に9月を脱していよいよ10月なのである。
いよいよ選手権の締切は迫ってきており追い込まれている。
この作品も選手権の方に出しておけば良かったか?などと思ったりして(笑)



 [写真解説とデータ]
カメラ:RICOH GR
露出時間:1/40
絞り:3
F値:f/2.8
ISO:400
WB:自動
露出プログラム:プログラムオート
露出バイアス:±0
エフェクト:無し






 にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。

不揃いの一斉ジャンプ夏祭
これも8月に投稿した信毎9月用の作品。
これは俳句が結構気に入っているのだけど、中谷さんにも坊城さんにも採って貰えなかった(泣)
写真は「ながのびんずる祭」での一コマ。
自分も当然踊りの連の中にいての撮影。
普段、トレランを一緒にする仲間達。
これが信毎に載ったらみんな喜ぶのになぁ・・・と、作ったもの。

まぁ冷静に今見れば、写真と俳句が付き過ぎかなと思うわけで。
それと「不揃いの一斉ジャンプ」という言い回しも本人的には面白いけど世間的にはどうだったのかな?というところでしょうか。

写真は色合いといい、アングルといい申し分ないと思うのだが(笑)
しかも、見事に誰の顔も写していないという技!
中谷さんが写真て採用してくれるかと密かに期待してたけどダメだった。


 [写真解説とデータ]
カメラ:RICOH GR
露出時間:1/80
絞り:3
F値:f/2.8
ISO:1600
WB:自動
露出プログラム:プログラムオート
露出バイアス:±0
エフェクト:無し



 にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。

夏山や追い詰められしふくらはぎ
時間がどんどん過ぎて行くので自分の記録も何が何やらあやふやになっていく。
これは信毎の8月上旬に9月分に応募したもの。なので季語が夏だ。
9月は完全ボツになってしまったわけで・・・

この写真がいたくお気に入りなので、これを採用したのだが。
俳句が写真を説明し過ぎているのか?
自分の感覚的には「ふくらはぎが追い詰められる」って凄くわかるのだが(笑)
一般的で無かったって事か?

まぁ、とにかく佳作にもならなかった事は間違い無い。
これをもう一度「俳句界」にこのまま出すとか・・・・
選者が変わると評価も変わるからなぁ。
そして、「俳句界」は既発表OKとなっているし。

ブログやFacebookに投稿したものくらい使い回しをさせてくれても良いと思うのだが。
多くは未発表とならなくなる扱い。
まぁ考えてみれば理屈の上では全世界に発信しているわけだからね。


 [写真解説とデータ]
カメラ:RICOH GRD4
露出時間:1/80
絞り:1.9
F値:f/1.9
ISO:80
WB:自動
露出プログラム:プログラムオート
露出バイアス:±0
エフェクト:無し

これ、今思い出したけど、GRでなくてGRD4で写した写真。
こっちの色合いの方がカキーンとしていて好きかも。


 
にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。

冷や酒に濡るる唇震えけり
これも、先月締切の信毎フォト×俳句に応募したもの。
今月は3作品だして佳作となった。
どれが佳作なのか聴いてないので判らないけど。
この写真も結構好きなんだけどね。

中七の「濡るる唇」って文法的にどうなんだろ?って思いながら投稿しちゃった。
まぁ添削サービスは無いので、果たして良いのやら悪いのやら。
この程度の文法に間違いがあるってのは俳句初心者の今だと笑って済ませるけど。
年月を重ねるとヤバイよな。
少なくとも今だって、既にはじめて一年経過しているからなぁ・・・
勉強しなきゃだな。


カメラ:RICOH GR
露出時間:1/40
絞り:3
F値:f/2.8
ISO:100
WB:自動
露出プログラム:プログラムオート
露出バイアス:±0
フォトレタッチ 撮って出しのJPEG



にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。

このページのトップヘ