こんな写真×詠んでみた

2013年7月突如出会った新しい芸術表現。 写真と俳句をコラボさせた 「フォト×俳句」 どちらも全くゼロからのスタートです。 作品作成のプロセスや結果を徒然なるままに・・・

カテゴリ: 選外作品

われひとりしょうしゅうされしかみのたび
今日は12月24日(木曜日)
木曜日は毎週、信濃毎日新聞の「フォト×俳句」掲載日。
そして本日は今年の最終日でした。

この作品は11月締切で投稿したもので残念ながらボツになったもの。
12月は掲載に至りませんでした(泣)

信毎の今年を振り返ると元旦から目出度く掲載となり幸先の良いスタートを切ったのですが。
途中全く採用されず、終わってみれば結局のところ年間5回の掲載となりました。
目標は毎月入選だったので半分も届かなかった事になります。

まぁ、実力も基礎力もなくて独学の割には頑張っているとも言える?(笑)
新聞や雑誌掲載がなくても、このブログで発表出来るから良いなどと強がりは言いません。
あ~入選したい(爆)



[俳句自解]
これは善光寺のお土産屋さんで撮った写真。
良く見ると真ん中の牛が一つ居ないんですよ。
ここに気付くとこの句の良さが判るかも?(笑)

11月は神無月と言われるように全国の神様が出雲大社に招集されます。
それを表す季語が「神の旅」なんだけどね。
地元から選出して自分がその旅に行きますよ。みたいな。

こういうテイストの俳句ってのはやっぱりダメなのかな・・・


[作品写真データ]
撮影日時 2015/11/07
カメラ:Panasonic FZ1000
露出:1/160
絞り:
F値:8.0
ISO:125
WB:オート
露出プログラム:露出優先
Lightroom CC2015 for Mac



 にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。

てまねきをひとみにうつすしちごさん
11/10締切で雑誌フォトコンに投稿したけどボツになった作品。
これは自信作だったのになぁ・・・
何となく写真のホワイトバランスがおかしいような気もするけど(笑)

この時ってアイドル並に人が集まって来てみんなが写真を撮ってた。
飼い主も嬉しそうで自慢げだった。
犬が果たして嬉しいのかどうかは分からないけどね。

 七五三 (1 - 1)

赤い着物を着ているので飼い主の人に女の子ですか?と聞くとそうだという。
で、3歳なんだって。
だから本人たちはいたって真面目に七五三のお祝いに来ていたわけで。
同じような犬が3匹いたかな。

犬が好きな人にとっては家族だからね~ 


[作品写真データ]
カメラ:Panasonic DMC-FZ1000
露出:1/100
絞り:
F値:8.0
ISO:200
WB:
露出プログラム:シャッター速度優先
Lightroom CC2015 for Mac



にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。

とがくしのそらをひろげてことりくる
これも第6回全国フォト×俳句選手権に投稿したもの。
御当地俳句を一つくらい混ぜておくと良い事があるかも。
という姑息な考えで作ったもの(笑)

とは言え、写真はなかなか良い感じい仕上がったような。
これはJR長野駅前の通路。
ちょうど雨上がりで光線が綺麗だったんだよね。
やっぱりいつでもどこでも撮影できるようにカメラを持っているのは大事だな。

そういう意味ではこれを撮したRICOH GRは最高のフォト×俳句カメラのような。
スッと取り出せてパッと撮せる。
スナップシューターと言われているけど、まさにフォト俳句向けだ。

このカメラは今GRⅡとなっているのだけど、イマイチ自分にとっての魅力が無くて買い足していない。
次に出るだろうGR3に大いに期待している。
デジタル一眼も欲しいけど正直このGR3の方がはるかに待ち遠しいのである。



[作品写真データ]
カメラ:RICOH GR
露出:1/320
絞り:
F値:2.8
ISO:100
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
Lightroom CC2015 for Mac

それぞれに座する場所あり秋高し
第6回フォト×俳句選手権に投稿した5つのうちの一つ。
自分的にはこれがイチオシだったんだけどね。
もう少し解像度の高いカメラで写せれば良かったのかなぁ?

遠くに見えているのが北アルプスの槍ヶ岳。
近くに見えているのは菅平根子岳の斜面にある岩です。

これ面白い構図だと思うんだよね。
どうにか使いたいと延々と俳句を考えました。
どんどん変化してこれに落ち着いたんだどね。

★秋高し息整へて結跏趺坐★
       ↓
★秋澄むや作務整えて結跏趺坐★
       ↓
★秋澄むやここにいようと決めただけ★
       ↓
★それぞれに座する場所あり秋高し★

よするに、転がり落ちそうな斜面にある大きな岩と遠くにある槍ヶ岳。
この景をどうやって表現しようかと迷いに迷ったもの。
上には書いてないけど、その外にも色々色々(笑)

かなり理屈っぽいというか意味不明な十七音になったって事かな?
最終的なこの句は、なんか哲学っぽくて良いな~と自画自賛。
これぞグランプリ候補と思ってたんですけどね~(笑)

どうでしょう?
Nikon賞を獲ったこちらの作品と比べてどうなんでしょう?






にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。

秋風や松本さんは未だ来ず
こういう俳句はどうなんでしょう?
個人的にはとっても思い入れというかなんというか(笑)
本人だけにわかる背景ってのがあるわけで。

特に「フォト×俳句」に仕上げると場所まで判るので思い入れ深い。
写真は戸隠自然植物園の木道です。

これ、良い写真なんだけどね〜
そういえば「未だ来ず」と書いてみて、あぁなるほど「未来(みらい)」の事かぁ。
などと改めて感心したりもした。
俳句を作るプロセスで色々気がつく事がある。

 

このページのトップヘ