こんな写真×詠んでみた

2013年7月突如出会った新しい芸術表現。 写真と俳句をコラボさせた 「フォト×俳句」 どちらも全くゼロからのスタートです。 作品作成のプロセスや結果を徒然なるままに・・・

カテゴリ: フォトコン

おろおろと先の先まで秋思かな
これは、先月フォトコンに出して選外になった作品。
写真は唐松岳の登山道でみた白樺?だと思う。
ちょうど、ガスっていて、なんとも幻想的な景色だった。
こういう写真って写すモニターで随分と雰囲気が違ってしまうのだけど。
そのためにMacBook Pro Retinaディスプレイモデルを買ったわけで(笑)
デジイチ買うよりこっちが先だよなとした判断は今でも正しいと思っている。

写真は最終的に紙にプリントしないとダメなんだと思う。
もっとも「フォト×俳句」の場合はせいぜい2Lサイズくらいだろうな。
これをポスターサイズにしたら俳句が浮いてしまうような(笑)

こう考えると、「フォト×俳句」って小さい娯楽なのか?
あまり、ドドーンって感じのものでは無い事は間違い無いな。

そりゃそうと、この句は。
今こうしてみると全くの観念句だな(笑)
何一つ具体的なものが存在してないや。
一ヶ月くらい置くと冷静に判断出来るって事か。

この写真になんか良い句を付けてあげたかったな・・・


[写真解説とデータ]
カメラ:RICOH GR
露出時間:1/500
絞り:3.4
F値:f/3.2
ISO:100
WB:自動
露出プログラム:プログラムオート
露出バイアス:±0
エフェクト:無し




 にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。

新調の服着て見張る案山子かな
とりあえず、フォトコンの締切(10/10)に間に合うように作品を揃えてポストに投函完了。
ネットで気軽にエントリー出来るものと違って紙に写真を印刷して郵便で送るという作業はなかなか大変だ。
こちらは、ともかく写真の出来映えが良さそうなのを見繕って俳句を付ける作業。
ところで、写真の善し悪しってのはどこにあるのやら?(苦笑)

何となくだけど、主題がはっきりしていないものはダメなんだろうなと思われる。
何となくシャッターを切りました。では無くて、これを撮りましたって絵が必要。
毎度、フォトコンにエントリーする作業をしながらデジイチ買おうかなと思いを巡らす。
結局、「フォト×俳句」にはデジイチ不要だよねと言い聞かせる。

次は13日の信毎の締切に間に合うように創作中。
なんと申しましょうか、作り置きなんて出来ないので、その時にあるものを出すしかない。
選手権の締切が20日だけど、順番で作っていくしかないので、今は選手権用の作品なんて一つも無い状態だ。
去年は締切のギリギリ数時間前に作った作品が優秀賞だったけど。
そんなに上手く行くとは思えない。

とにかく、俳句の肝要は即興性だと言う割にはウンウンと唸りながらの創作だ。
いつかは、サラッと作れる時がやってくるのだろうか・・・?

そうそう、今日ここに貼った作品は先月フォトコンに応募して落選になったもの。
案山子を出さずに案山子を詠むというところで良いかと思ったのだが。
今、こうしてみてみると、中七 「服着て」 って表現は流石にNGだろうなぁ・・・と(笑)


[写真解説とデータ]
カメラ:RICOH GR
露出時間:1/1000
絞り:3
F値:f/2.8
ISO:100
WB:自動
露出プログラム:プログラムオート
露出バイアス:±0
エフェクト:無し



 にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。

秋高し巨大ザウルス目覚めけり
10月10日のフォトコンの締切が迫っている。
そういえば、先月の作品をアップするのを忘れていた。
これが最終予選に残った作品。

橋の写真を撮るのが好きなので、もっと積極的に集めようかなとも思う。
これは隅田川を渡している永代橋。
ことに好きな橋のひとつ。
朝の風景はまるで恐竜の目覚めのよう。
って、ところで一句でした(笑)

先月もギリギリまで作品が出来なくて。
というか、どれを出すか決まらなくて、最後はえいや!って感じでこれを含めて三作品を出した。
ここのところフォトコンも選外が続いている。

今月もこれぞという作品が仕上がっていない。
毎月毎月、月初は産みの苦しみだな。


 [写真解説とデータ]
カメラ:RICOH GR
露出時間:1/1000
絞り:4
F値:f/4
ISO:100
WB:自動
露出プログラム:プログラムオート
露出バイアス:±0
エフェクト:無し



 にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。

見送りし友の旅立ち雲の峰
フォトコン8月号に応募して選外となった作品。
フォトコンは応募制限が5作品までとなっているけど、 だいたい3つくらいしか用意出来ない。
もっと量産できれば良いのだろうけど。
今の自分にはまだまだだな。

これなんかは、写真が出来た時にメチャメチャ喜んでいたんだけど。
全然俳句が出来なくてしばらく寝かせていた写真。
どうにか日の目を見せて上げたかったけど、ブログでのお披露目に留まりました(笑)

まぁ、考えてみればブログ発信って世界中を相手にしているわけだから、ある意味凄いよね。
今は、このブログを訪れる人も限られているけど、そのうち数万人が集うブログになったりして。
って・・・有り得ないか(笑)


[写真解説とデータ]
カメラ:RICOH GR
露出時間:1/60
絞り:3
F値:f/2.8
ISO:100
WB:自動
露出プログラム:絞り優先 
露出バイアス:+0.3




 にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。

堪えては次の一歩や油照り
月間フォトコン9月号に応募するも「最終予選」となり敗退(?)したもの。
色々と投稿しているけど、フォトコンはカメラ雑誌だし選者の中谷先生は写真家なので、ここで入選するってのは写真が認められたのかと思えて嬉しい。
三ヶ月連続で入賞していたのだが、これで二ヶ月連続の最終予選。
これって、とっても中途半端で、一応雑誌に名前は掲載されるものの作品は載らないんだよね。
だったら名前も要らないと思うのは私だけ?

写真は長野市の善光寺にある仁王門の仁王様の御御足。
足のひび割れた感じと、ぐっと踏み込んでいるような絵を捉えたのだが、あえなく選外でした。
全くのボツって時もあったから、ありがたいと思わなきゃね(笑)


 [写真解説とデータ]
カメラ:RICOH GR
露出時間:1/100
絞り:4
F値:f/4
ISO:400
WB:自動
露出プログラム:絞り優先 
露出バイアス:±0




 にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。

このページのトップヘ