こんな写真×詠んでみた

2013年7月突如出会った新しい芸術表現。 写真と俳句をコラボさせた 「フォト×俳句」 どちらも全くゼロからのスタートです。 作品作成のプロセスや結果を徒然なるままに・・・

カテゴリ: 初出

みじかよやさんどみかえすわがすがた
これ ↑ 見るとツバメが映り込んでいる(笑)
もっと絞っとけば面白かったかな。
メインを狙っていて、ついでに写り込む事が時々あって、それはそれで面白い。

2018.07.15 トキ (1 - 1)-2

狙っているのはトキなんだけど。
ツバメが写り込むのはラッキー。
ところが、例えばこの写真 ↑ だと右上のコンクリートの人工物が邪魔だったりして。

2018.07.15 トキ (1 - 1)-3

鳥の写真も一巡してきているので。
背景とか整えながら意識しながら撮るようになってきている。
とは言え、相手がある事なので、なかなかねぇ(笑)





[作品写真データ]
モデル:トキ
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ:M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
シャッター速度:1/1600
F値:4.5
ISO:200
WB:オート
露出プログラム:シャッター速度優先
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac




 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。


すずかぜやそうていがいのらいほうしゃ
ハリオアマツバメを待っていると、なんだかどこかで聞いた声が。
えっ?と目をやるとそこにはカワセミが。
こやつの姿にはやっぱりドキドキしてしまう。
いつどこで出会っても魅力的な鳥である事は間違い無い。

2018.07.15 カワセミ (1 - 1)-2

下五の「来訪者」だけど。
最初に浮かんだフレーズは「訪問者」だった。
ん?これってどっちだ?と検索かける。
辞書を引くんじゃなくて検索かけるところが今風だな(笑)

2018.07.15 カワセミ (1 - 1)-3

「訪問」は自分が行く事で、「来訪」は人が訪ねてくることらしい。
同じようでいて真逆な表現という事になるのだろうか?
こういうのを一つ一つ丁寧に調べながら俳句を作るわけで。
まあ知的好奇心を満たしてくれる材料としては最適なのかなぁ。

そう言えば季語の「涼風」だけど。
これは晩夏の季語なんだけど。
「りょうふう」と読ませるのと「すずかぜ」と読ませるのでは何か違いがあるのかな?
などと素朴の疑問をもったりして・・・


ネット検索に頼るのは国語辞典はすでに老眼の目では読めないという悲しい事実があるから。




[作品写真データ]
モデル:カワセミ
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ:M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
シャッター速度:1/250
F値:4.5
ISO:200
WB:オート
露出プログラム:絞り優先
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac




 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。

みずあそびみずだみずだよみずなんだ
何と言いましょうか、鬼気迫る表情で水を飲む。
水を飲んでいるのか、単に水遊びしているのか。
なんて失礼か?(笑)

20118-07-11 ハリオアマツバメ (3 - 18)

こっち ↑ も同じような表情している。
あまりエレガントな感じでは無いな(笑)
これ、オスもメスも似たようなものなのかなぁ?

20118-07-11 ハリオアマツバメ (16 - 18)

水中に潜る事無く、水面ギリギリで水を飲むってのは大変なのかもね。
普通に考えたら水の抵抗があるだろうから。
あのスピードで水面に突っ込むってのもどうなんだろう?
もう少し速度を落とした方が良いような気もするけど・・・

20118-07-11 ハリオアマツバメ (17 - 18)

『ヒュ~ッ 美味いぜ!』的な表情(笑)
これらの写真も欲を言えばもう少し近くで撮りたいんだけど。
近すぎると動きが速くて全く追えないというジレンマ・・
ドットサイト使えばって言われるけど。
ドットサイト使ってピントが合ったためしが無いので(泣)

ここに伸び代ありだな。
ノーファインダーでドットサイトだけでピントが来ればこういう写真は楽なんだよね。
ハヤブサの時も随分頑張ってはみたんだけどね・・・




[作品写真データ]
モデル:ハリオアマツバメ
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ:M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
シャッター速度:1/1600
F値:4.5
ISO:1250
WB:オート
露出プログラム:シャッター速度優先
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac




 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。


えんてんをきりさくどらむろーるかな
ドラムロールじゃなないんだよなぁ・・・
あの羽音はなんと表現するのが適切なのやら。
自分の表現能力の無さを嘆くばかり。

20118-07-11 ハリオアマツバメ (7 - 18)

群れでくるから余計その音が迫力あるわけで。
更に、そのまま池の中に飛び込んで行くというか水を飲みに行くんだけど。
その時の水の音もなかなか凄いわけで。
まあ、リアルに体験した人にしかあの迫力というか興奮は判らないだろうな。


20118-07-11 ハリオアマツバメ (11 - 18)

諸事情により、今年はもう撮影に出向くことは出来なそうだけど。
あの興奮を再び体験したい。
一番近いのはパチンコで前兆パターン突入してセブンが揃うまでの感じ(笑)
そう言えばもう随分とパチンコなってしてないけど。
アドレナリンの出方は絶対同種だな。

20118-07-11 ハリオアマツバメ (12 - 18)

カッコいいな~
こうして写真見ていると蘇ってくる(笑)
この時はカメラマンは誰もいなくて一人だったしなぁ。
独り占め出来た喜びもあるのかな。



[作品写真データ]
モデル:ハリオアマツバメ
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ:M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
シャッター速度:1/1250
F値:4.5
ISO:1600
WB:オート
露出プログラム:シャッター速度優先
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac




 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。

やまあいのためいけゆらすすずしさよ
ハリオアマツバメは初見初撮り。
このツバメのサイズにまず驚く。
空を飛んでいる時には猛禽類かと勘違いする。


20118-07-11 ハリオアマツバメ (5 - 18)

とにかく動きがメチャメチャ速いので追っかけるのが大変。
こいつに会うことを前提として普通のツバメで随分と練習しておいたけど。
まあ、速い速い。

20118-07-11 ハリオアマツバメ (4 - 18)

普通のツバメも水を飲むけど、このハリオアマツバメは迫力が全然違う。
この時は30羽程度の集団だったと思うけど。
次から次から池の中を攻める。
その羽音と水にぶち当たる音と、それはそれは感動的で。
病みつきになりそう(笑)

20118-07-11 ハリオアマツバメ (10 - 18)

気が付けばあっという間に2000枚程度撮影してたりするわけで。
勿論まともに写っている写真の方が圧倒的に少ないわけで(笑)
それでも下手な鉄砲も数打ちゃ当たる方式で。
結構良い感じに撮れている写真も出てくるから止められない。


[作品写真データ]
モデル:ハリオアマツバメ
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
レンズ:M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
シャッター速度:1/1250
F値:4.5
ISO:1600
WB:オート
露出プログラム:シャッター速度優先
トリミング有り
Lightroom CC2015 for Mac




 
 
にほんブログ村←ランキング参加中です。応援クリックお願いします。




このページのトップヘ